新着情報

  • 2014/01/17  年間行事を更新致しました。
  • 2014/01/17  昨年末、平成26年度宗現寺だよりを発行させて頂きました。内容はクリックしてPDFでご確認ください。宗現寺だよりPDFPDFダウンロード
  • 2013/01/18  昨年末、平成25年度宗現寺だよりを発行させて頂きました。内容はクリックしてPDFでご確認ください。宗現寺だよりPDFPDFダウンロード
  • 2011/01/12  昨年末、平成23年度宗現寺だよりを発行させて頂きました。内容はクリックしてPDFでご確認ください。宗現寺だよりPDFPDFダウンロード
  • 2010/04/15  宗現寺檀家の皆さまへ葬儀の場に皆さまの菩提寺を活用しませんか?
    宗現寺檀家の皆さまへPDF宗現寺檀家の皆さまへをダウンロード

宗現寺について

宗派
曹洞宗
開山
不巌梵学禅師
本尊
釈迦牟尼如来
高祖道元禅師(大本山永平寺開山)
太祖瑩山禅師(大本山總持寺開山)
守護神
「龍道・大龍王」「戒道・大龍女」山形善寶寺の龍神様のご分身

宗現寺の由緒

宗現寺は、元亀年間(1570-1573)真言律院として開創されましたが、慶長元年(1596)10月25日現在の新潟市中央区西堀通三番町法音寺七世不巌梵学大和尚(慶長18年1月15日寂)によって曹洞宗に改宗されました。歴代住職中、特に、加賀(富山県)高岡の瑞龍寺に昇住した13世霊源活湛大和尚、数次の祝融に遭遇しながら堂宇を再建された25世再中興薬欄文獅大和尚(現本堂を明治38年上棟、昭和14年4月17日寂)、新潟市西船見町満福寺開山、相模大雄山最乗寺、晋んで大本山總持寺独住第20世として曹洞宗管長に就任された26世重興形山瑾映大和尚(昭和57年12月6日寂)と世代は連綿と継承されています。

境内には松尾芭蕉翁の蓑塚があります。

俳聖芭蕉翁が奥羽行脚の途次、この地に寄って古き蓑を捨てて新しきものに着替え、後人が偲んで碑を建てたものでありますが、市内数次の火災に際し、大正6年(1917)、降雨庵、蓑塚は当寺に移設されました。

また芭蕉門下の逸材松蘿庵風月坊、梅花佛支孝、廣川百鴎、の碑があり、「待ちうけし此すず風や軒の月」の句碑が現存していますが、「海に降る雨や恋ひしき浮身宿」にちなんで建てられた降雨庵は戦時中に取り壊されました。

蓑塚については諸説あることから、後日を期したいと思います。

宗現寺写真

 


宗旨

宗現寺 宗旨

 


このページのTOPへ