墓地について墓地について


墓地について


永代供養墓

永代供養墓

人は誰でも死を迎えます、死後必要となるのがご遺骨を納める墓所でありますが、家族制度の変化や少子化の進行など、お墓を護る祭司承継者がいなくなるなど、お墓問題は深刻となっております、そのような中で、承継者に代わりお寺の責任において永代にわたって供養していこうとするものか永代供養墓であります。

当寺墓地入り口の聖観世音菩薩(北村西望翁作)台座下は納骨室となっており、側壁に生前名を刻し永代にわたって供養申し上げております。宗旨・宗派は問いませんが、合祀、納骨後は曹洞宗の礼法・儀礼にしたがってご供養申し上げます。

永代供養墓納金について
永代供養墓を申し込まれた場合の諸費用は、下記となります。
一霊 30万円(刻字費用込み)
護持会費・管理費はありません。
ご先祖の合祀など、ご相談下さい。

境内墓地

近年境内墓地の全面改修工事を行い、水はけの良い明るい墓地に変わりました。

市内中心部に所在する閑静な境内墓地です。

過去の宗派を問わず、墓地を永代使用の為に提供いたします。

永代供養墓 永代供養墓

永代使用料について

境内墓地永代使用を申し込まれた場合の諸費用は、下記の例が基準になります。

70万円の場合
永代使用料 ※1 預託金 ※2 合計
65万円 5万円 70万円

100万円の場合
永代使用料 預託金 合計
80万円 20万円 100万円

150万円の場合
永代使用料 預託金 合計
120万円 30万円 150万円
※1
永代使用料とはお申し込み時、寺にお納め頂く金員をいいます。
※2
預託金とはお申し込み時に寺に預託頂く金員をいいます。
他へ転出または永代供養墓に合祀されるなど、使用目的が終了されたときに、お返しするものであります。
護持会費および管理費

お申し込みを頂いた期日をもって当寺の護持会員となって頂きます。尚、翌年度より、護持会費および管理費を頂戴致します。護持会費・管理費の合計は一戸平均、年会費1万円程です。

 


このページのTOPへ